就学支援金について

飛鳥未来高等学校 就学支援金制度概要

単位制高校については、単位履修料を授業料に設定していることから、単位あたりの授業料設定に係る就学支援金の支給限度額については、下記のルールに則り支給することになります。

単位制高校の就学支援金概要

  1. 支給対象単位数上限は、学校教育法施行規則に定める卒業要件である74単位とする。(登録単位数であり、修得単位数ではない。)※前籍校分を含む
  2. 年間の支給対象上限単位数は30単位とする。
  3. 支給期間は上限4年間(48ヶ月)とする(全日制高校は上限3年間になります)
    例)・全日制(学年制)高校を18ヶ月で転出、飛鳥未来高校(単位制)に転入
      ・転学前に35単位履修
    1. 転入後の支給期間 残支給期間48ヶ月-(18ヶ月×4/3)=24ヶ月以内で支給
    2. 転入後の支給単位 (74-35)=残り39単位まで支給可能(※年間の支給対象上限は30単位)
  4. 基準額の設定方法

    1単位につき支給される支援金 年間 4,812円

支給にともなう減額請求について

就学支援金が支給されるため、減額請求となります。納入金額から就学支援金額(基準額)が差し引かれた額が、入学前にお支払いいただく金額となります。保護者の所得によって、加算される場合があり、減額金より多く支給される支援金は、年度末に一括で支給されます。(3月下旬)

注意事項

※支給対象単位数上限は、学校教育法施行規則に定める卒業要件である74単位となります。年間の支給対象上限単位数は30単位となり、30単位を超えた部分の授業料に関しては対象になりません。

※支給対象者は、高等学校等に在学した期間が通算して48ヶ月以内の者となります。

※提出期日や提出書類などの詳細は学校よりご連絡いたします。

※申請書類の提出が期日に間に合わなかった場合は、減額請求ができません。

※保護者の所得金額によって支給対象外となる場合があります。
詳しくは学校へお問い合わせください。